アフターパーツはプラス査定になるのか?

アフターパーツはプラス査定になるのか?

アフターパーツ

アフターパーツがあることによって車売る時にもプラス査定になることがあります。
しかし反対にパーツがあることによって減額になってしまうこともあるのです。
プラスになるかどうかはパーツの内容によるところが大きく一概に評価対象になるとも限らないのです。

 

車売る時にプラス査定になりやすいパーツとマイナスになりやすいパーツ

 

プラスになり易いパーツとしては基本的に需要が多いパーツです。
例えばアルミホイールやETC、オーディオ、カーナビなどがありますが、定番の装備があると評価がされ易い傾向があります。

 

一方、マイナスになってしまうことがあるのがエアロパーツや内装のデザインを大きく変えているようなカスタムパーツ。
要は個性が強いパーツには好き嫌いがありますのでマイナスになってしまうことがあるのです。

 

なお、パーツに対する考え方は業者によっても違っています。買取を専門に行っているところですとしっかりと装備類をチェックした上で査定価格を出してくれますが、ディーラーだったりすると純正品以外は一括で無価値になることもありますからどこへ売るかが大切と言えるでしょう。

 

車売るならラビットよりも【断然高く売れる一括査定へ!】 TOPに戻る>>


アフターパーツはプラス査定になるのか?関連ページ

車売る時は洗車した方が良いのか?
車売る時にはきれいに洗車した方が良いのでしょうか?車内の掃除もどうしたらいいのでしょうか?
車のキズ、ヘコミは修理した方が良いの?
車のキズ、ヘコミはそのままにしておくのと修理した方がいいのか、どっちがいいのでしょうか?
事故車でも売ることは可能なの?
事故を起こしてしまって処分に困ってしまう事故車両でも売ることは可能なのでしょうか?
人気のボディーカラーとは
車のボディーカラーで人気の色はどんな色なのでしょうか?査定にも影響があるといわれている点についてもお答えしていきます。
車の下取りと買取の違いとは
車の下取りと買取はどう違うのでしょうか?査定額に関してもどっちがお得になるのか?についてお答えします。
車の下取りと買取ではどっちがお得?
車の下取りと買取ではどっちがお得になるのでしょうか?誰もが思うこの疑問に切り込みます。